キャッシングの歴史

キャッシングは、消費者金融が始めた融資制度ですが、時代をさかのぼるとだいたいいつ頃から利用できたサービスなのでしょうか?消費者金融はもともとサラ金の愛称で親しまれるようにサラリーマン向けの金融としてその業務をスタートさせました。
当時はサラリーマンと言えば安定した職種で、安定した返済が見込めるサラリーマンを中心に融資制度が展開されていました。
どんどん不景気になっていくことによって今やサラリーマンは溢れ返り、安定した職業とも呼べなくなってきています。
そうした不況の影響を受けた一般層がより求めているのは毎月の急な出費に柔軟に対応できる少額で小回りの利く融資制度だったのです。

 

銀行の融資制度よりも少額で、誰でも借入できて、スピーディーな融資を可能にする即日融資キャッシングは瞬く間に広まっていきました。
それと同時に全国に無人店舗やCDが設置される店舗が増えていきより利便性を増していったのです。
しかし、CDは出金専門の機械で、返済をするにはやはり口座振り込みか窓口での返済が必要になっていたため、現在ではCDよりもコンビニなどの入出金が可能なATMが発達していきました。
それによってさらに柔軟にどこでも素早く借入や返済ができるようになっていきました。

 

各種ローンが広く普及していったことによって、分割返済のニーズが高まり、キャッシングでもローン同様の分割返済ができるようになって今現在のキャッシングのかたちになりました。

キャッシングのメリット・デメリット

キャッシングが普及していき、現在では各種ローンやカードローン、クレジットサービスに電子マネーなど、さまざまなものが利用できるような時代になりましたが、キャッシングのメリットとデメリットはどこにあるのでしょうか?
キャッシングのメリットは、やはり素早く現金を直接借り入れることができる部分でしょう。
毎回必要な出費に応じて1回単位の借入ができるので素早く出費に対応できて、それでいて各種ローンのようにあらかじめ購入する商品や自動車などの出費の対象が制限されていないところが大きなポイントです。
ローンでは分割支払いの意味あいが強く、購入する商品の出費に対して組まれるというのが当たり前ですが、キャッシングでは現金を直接借り入れて自由な用途に使用できるため、例えば急な飲み会が入って給料日前で生活が苦しいという場合でも現金を借り入れて飲み会や付き合いの代金として利用することができます。

 

キャッシングはこうしたことから、大人になってありがちな急の出費である冠婚葬祭費としても活用することができます。

 

キャッシングのデメリットとしては、借入が1回単位になるため、毎回審査をしなくてはいけないという点でしょう。
もちろん、消費者金融などで借り入れる場合は素早い収支を受けれますのでさほど苦にはなりませんが、頻繁に少額の出費が必要になる場合は、カードローンと比べても毎回審査をしてその時の分の現金を借り入れるというかたちになります。

更新履歴


このページの先頭へ戻る